2月 01

陶展のご案内

Recommendation 陶展のご案内 はコメントを受け付けていません。

さらや(太郎窯)陶展
  於/ギャラリー”杠” 2009年2月14日~2月28日 (土・日のみ)

さらや

    川本太郎氏 profile
昭和43年福岡生まれ
 小石原、益子等を経て
 平成11年富士町古場岳にて開窯。
 西日本陶芸展
西部工芸展
 九州山口陶磁器展
 国画会等入選。
 ——————————————————————
 ギャラリー”杠”
 URL  http://2.csx.jp/~kasuga_kids/koten3.htm
 佐賀県佐賀市三瀬村大字三瀬 国道263号沿い
 バス停”今原”から徒歩1分         
 AM10:00~PM17:00
 ——————————————————————

12月 21

恵比須カキ

Diary, Recommendation 恵比須カキ はコメントを受け付けていません。

休みの日でも、何時もの通り5時起床。
夜中に降りだした雨は天気予報の通りで止む気配なし。やる事も無いので、ご贔屓のサイトを一通り徘徊。
9:30を回った頃に、ゴソゴソと着替えて出発。目的地は福岡市海づり公園。この雨なので釣りはしませんけど。
先週末に息子「カキ焼き」行くぞ~っと「予約」してました。
家から最寄となるカキ焼きは、糸島半島の岐志の「森のめぐみ」か唐泊の「恵比須カキ」。
今日は、距離的に若干近い「恵比須カキ」にしました。場所は海づり公園の入口の北側。
2時間掛けて着いてみると、既に満席。小屋前には待ちの列。列に並んで待つ事30分。牡蠣2kg・牡蠣ご飯・サザエ4個・エビ1袋を買って着席。
既に火が廻っている「オガ炭」の上に牡蠣を並べて焼き上がり待ち。ところがこの「オガ炭」が曲者。普通の炭と違って、火はつき易いものの火力は低い。食べごろまでジッと我慢。
恵比須カキ 恵比須カキ
ポツポツと焼きあがる牡蠣を殻を開けて息子と家内の前に。息子が「ごちそうさま」して、やっと自分の番。っと思ったけど、残り僅か。1kg追加しようかと思ったけど、今日はココまで。
牡蠣小屋を後にして向かったのは「屋根花壇」。表に車を停めて、レジを伺うもsetosanが居ない。そう言えば、先日から「風邪惹いて・・・」ってblogに書いてあったモンね。
コーヒーで一服して、次の目的地ギャラリー杠に。三瀬ループ橋~三瀬トンネルを抜けて、三瀬村へ。
ギャラリー杠でsetosanの写真を観賞。
ギャラリー杠 ギャラリー杠
季節の天然色 vol.3 ~2008/秋
於:ギャラリー”杠” 佐賀市三瀬村大字三瀬 国道263号沿い ”今原バス停”より徒歩1分
  展示期間:2008年11月30日~12月23日
切り取られた、三瀬界隈の彩を目に収めて、帰路に。

味噌買えばよかった・・・
味噌